RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
■お手軽 再生専用ブルーレイプレイヤーを比較
□ SONY BDP-S1500
価格.comプロダクトアワード2015 大賞
TVはニュースと野球、年末の絶対に笑ってはいけないシリーズしか見ませんので録画機を持ってませんが、TSUTAYA・GEOで「映画(ブルーレイ版)」を借りて見るのが趣味です。多く借りた方が安くなるので1回に10本借りることもあります。当時は本体が高くPCで見ていましたが、「価格.comプロダクトアワード2015」で「SONY BDP-S1500」が金賞を獲ったという記事を目にし8,980円と安く購入を考えたところ直ぐ10,700円に高騰し再び下がるのを待ってました。
映像部門 大賞 - 価格.comプロダクトアワード2015
映像部門 大賞 - 価格.comプロダクトアワード2015
http://kakaku.com/productaward/2015/index-picture.html#anchorPoint

対応ソフトが多いプレイヤーが欲しい
既に2年経ちますが、新機種は発売して無く未だ人気があり2位です。現在1位は「Panasonic DMP-BD90 」。いざ買おうとすると悩む物で気掛かりがあります。以前5本借りたときに「トランスフォーマー」だけ見られず店員に伝えるとDVD版に交換してくれました。「ブルーレイ」はセキュリティが硬くメーカ独自の物に随時変更するので、「家庭用プレイヤーの機種」「再生ソフトの種類」により見られない物があるんですよね。調べると「PS3」で再生出来ないソフトが多いです。それとCanonの一眼レフとSonyのミラーレスを持ってますので、「BD-R」に焼いた動画が再生可能かも心配です。

何が再生可能か「Google」で検索しても「価格.com」「2ちゃんねる」を読んでも記載がありません。高級アンプやスピーカ、4Kテレビを持ってませんので、2万円以下の再生専用「ブルーレイプレーヤー」を簡潔に調べレビューを読み比較します。

□ 2万円以下の評判の良いブルーレイプレーヤー比較
BDP-S1500
メーカ SONY 型番 BDP-S1500 価格 9,500円
Sonyは超小型で超高速起動が売り。見た目が箱で本体表示も無く光端子も無い
安価なので再生専用機としてお得

長所
  • 価格.comプロダクトアワード2015 大賞
  • 超コンパクト(230x39x194 mm)
  • 超高速起動
  • DVDをBDサイズにアップコンパート
  • Youtube対応
  • 安い
欠点
  • 光デジタル音声出力無し
  • デジタル表示無し
BDP-S6700
メーカ SONY 型番 BDP-S6700 価格 16,980円
BDP-S1500 」の上位機種。4K対応になっているが他社も同様でBDを4Kテレビで見られる様にアップコンバートするだけで、4K専用ディスク「Ultra HD Premium」には非対応と微妙。

長所
  • 価格.comプロダクトアワード2016 金賞
  • コンパクト(255x39x192 mm)
  • 超高速起動
  • BDを4Kサイズにアップコンバート
  • 3D対応
  • Youtube対応
欠点
  • 光デジタル音声出力無し
  • デジタル表示無し

DMP-BD90
メーカ Panasonic 型番 DMP-BD90 価格 8,780円
BDP-S1500 」より起動が若干遅くリモコンも小さく使い難いとSonyより劣りますが、機能は上と評判。値段も一番安くお得

長所
  • 機能性が高い
  • コンパクト(245x38.5x175 mm)
  • 高速起動
  • DVDをBDサイズにアップコンパート
  • 安い
欠点
  • 光デジタル音声出力無し
  • デジタル表示無し
  • リモコンが使いにくい(レビューより)
DMP-BDT180
メーカ Panasonic 型番 DMP-BDT180 価格 12,200円
DMP-BD90 」の上位機種。これも「BDP-S6700 」と同じでBDを擬似的に4Kテレビのサイズに合わすだけで、3D対応の4Kテレビを持ってないと無意味。4Kアップコンバータ付きの商品としては最安値。読み込みスピードがSonyより遅い、リモコンが小さくて使い難いと不評。

長所
  • 機能性が高い
  • 普通サイズ(312x43x180 mm)
  • BDを4Kサイズにアップコンバート
  • 3D対応
  • 4Kアップコンバータ最安商品
  • Youtube対応
欠点
  • 光デジタル音声出力無し
  • デジタル表示無し
  • 読み込みが遅い(レビューより)
  • リモコンが小さく使いにくい(レビューより)
BDP-3140
メーカ pioneer 型番 BDP-3140 価格 12,200円
pioneerらしい音を優先したプレイヤー。SonyとPanasonicと違い「光デジタル音声出力」に対応しており” プリメインアンプと接続可能 ”。SonyとPanasonicもHDMI端子対応のAVアンプなら問題ありません。2社と違い本体にデジタル数字のディスプレイがあるので再生時間なども分かります。今回候補に上げた機種の中でコスパ最高。

長所
  • 光デジタル音声出力あり
  • 本体にデジタル表示あり
  • 音質が良い(レビューより)
  • DVDをBDサイズにアップコンパート
  • 傷が付き他のプレイヤーで読み込めなかったDVDが再生出来たとの報告複数(レビューより)
  • コスパ最高
欠点
  • 大きい(360x39x208 mm)
BDP-180
メーカ pioneer 型番 BDP-180 価格 18,800円
BDP-3140 」の上位機種でオーディオ機器に近い。候補に上げた中で一番高いが、その代わり一番しっかりした作りです。SonyとPanasonicと比べネットの動画コンテンツに弱い。「BDP-3140 」は非対応で上位の「BDP-180 」はスマホの画面を転送拡大するだけと劣っている。

長所
  • 光デジタル音声出力あり
  • 本体にデジタル表示あり
  • 音質が良い(レビューより)
  • 4Kサイズにアップコンバート
  • 3D対応
  • Youtube対応※スマホを転写
欠点
  • オーディオ機器サイズ(435x58x250 mm)
  • リモコンの反応が悪い (レビューより)

価格と大きさからBDP-S1500に決定
速度とコンパクトさを選ぶならSony、機能性と安さを選ぶならPanasonic、音質を選ぶならpioneer。各社ともノーマル版と3D・4Kアップコンバート版の2種を出しており後者の方が高い。「Ultra HD Premium」は再生出来ないので注意。本体に再生時間が表示され光デジタル音声出力があるのはpioneerのみ。

オーディオ機器に近いシルバーの「pioneer BDP-180-S 」に一目惚れしたが、DENONのAVアンプを所持しており、CDプレイヤー「KENWOOD DPF-7002」の上に重ねられるので「BDP-S1500 」に決定。横浜ベイスターズCS進出記念で「ノジマオンライン」でセールを行っており買い逃した8,980円と同等の価格に下がりましたので購入。
pioneer BDP-180-S
pioneer BDP-180-S
□ 初めて利用したノジマオンラインの感想
梱包は別料金1,620円
ノジマオンライン」は日中9,595円で売っていますが、3日連続23時頃から9,025円で値下げしたので購入。厳重梱包にすると1,620円上乗せ、宅配業者をクロネコにすると540円上乗せなので不要にしましたが、これならAmazonの9,500円で買った方がお得でしたね。

注文後10日程掛かると記載がありましたが2日後に届き早いです。簡易梱包で来るのかと思ったら梱包無しでしたよ…厳重梱包1,620円では無く梱包代1,620円ですね…。宅配は自転車。オーディオ機器はメーカー側が既に厳重梱包してありますので必要はありませんが、味気ないし伝票のシールも剥がれない。販売価格を安くするため他のコストを削減するのは当たり前ですが、安さを求めるなら「ノジマオンライン」がお得、バランスはAmazonですね。
SONY BDP-S1500

□ ハイスピードHDMIケーブル
5年前に購入したHDMIケーブルを流用する予定でしたが、今は4K/3D対応の「ハイスピードHDMIケーブル」を使うんですね。拘りが無いのでAmazonで売れてる物を購入することにします。

ELECOM ハイスピードHDMIケーブル DH-HD14ER30BK
3.0m イーサネット/4K/3D/オーディオリターン対応/ブラック

が4,212円→ 780円(81%引き)なので嘘定価かと公式サイトを調べると確かに定価4,212円になっています。「★4.4 / 222件」と評価も良いのですが、レビューを読むと780円相当の中国製との事。これは古い商品で出始初めなので定価設定が高かった、今は原価が下がったなど考えられそうですね。

HORIC ハイスピードHDMIケーブル HDM15-894RD
1.5m レッド 4K/60p HDR 3D HEC ARC リンク機能

定価680円の割引無しですが「★4.3 / 2,516件」とELECOMの特価品より10倍売れています。何でも「HORIC」は安くて品質の良い人気ブランドとの事。「HORIC」には大好きなメタリックレッドがあります。3mが必要なのですが、1.5m以外売り切れでどちらを購入するか悩みます。

BDP-S1500 」は超小型なのでTVの近くに置くか、AVアンプを仲介させることにし「HORIC HDM15-894RD」を購入。

□ レビュー
SONY BDP-S1500
安い商品なので附属品に期待してなかったが意外と多く満足。中でもSony製の乾電池が付いて来たのが嬉しい。他のメーカを買った時は安い海外メーカの電池が付いて来たので
SONY BDP-S1500

店頭で見た時はもっと玩具のように感じたが想定よりはしっかりしています。ゲーム機・ルータ並み
SONY BDP-S1500

HORIC ハイスピードHDMIケーブル HDM15-894RD
安いので剥き出しかと思ったらパッケージあり
HORIC ハイスピードHDMIケーブル HDM15-894RD

価格的にアルミ風のプラスチックを覚悟していたが本物。コネクタにキャップがしてあり中身もしっかりしている。これで680円は1番人気なのも納得
HORIC ハイスピードHDMIケーブル HDM15-894RD


接続と設定
電源を入れると簡易セットアップが始まります。まずは高速起動の有無で電力消費が上がるとの事。これが売りなので「オン」にしました。次にネットワークの設定。接続すれば最新のファームウェアに更新可能で新作「ブルーレイ」にも対応します。ルータを使っているのでLANを差し「自動設定」で済みました。
接続と設定

使った感想
速度 映像 オーディオ 価格

設定が終わるとアプリ選択画面が表示されました。Sonyのミラーレスを持っていますがハードの中に微妙なアプリが入ってるのは嫌いです。所持してる「ブルーレイ」は少ないのですが全て再生可能でした。「BD-R」も再生出来ました。今までPCで見ており高速起動との差を感じませんでしたので早いと言う事。リモコンの感度が良くテキパキ動きます。「ブルーレイ」の特性なのでしょうが、ディスクを入れるとローディング画面が表示され待たされるのはDVDと違い重さを感じます。
SONY BDP-S1500
(記載:2017年10月18日)