RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

■ HG ガンダムフラウロス(流星号)を作る
□ 世界を焼き尽くす神と前人気は高かったが
一度もダインスレイブを当てられず
鉄血シリーズのガンプラは大方予約してあるので、発売日に次々届き制作が間に合いません。「HG ガンダムフラウロス(流星号) 」は、フレームの腰部分を落とした時に接続面を割ってしまい、部品注文中に「ルプスレクス 」を制作。その間にTV放送が終わってしまいました。

メインとなる「背部レールガン」を撃ったのは2回のみ。1度も命中せず。「砲撃モード」になったのは1度きりと全く活躍せずに撃墜されたガンダムでした。「百式 」のオマージュかコクピットが開いたまま宇宙を漂っていましたが…。

  1. 獣形態(地上)で条約スレスレ弾を崖に撃つ
  2. MS形態(宇宙)で条約違反弾を撃つが外す

ボディーの色が「ショッキング ピンク」でガンダムに似合わず、「デザートザク 」「ザクキャノン 」「フルアーマーガンダム 」を模した色に塗り替えようかと思いましたが、目のシールがピンクで縁取りされているので止めました。

次々にガンプラが届き間に合わない次々にガンプラが届き間に合わない
鉄血のオルフェンズで注目所のガンプラは全てビックカメラとAmazonに予約しているので届いた物から作るという感じです。


□ HG ガンダムフラウロス(流星号)を作る
ガンダムフラウロス(流星号)のパッケージ
ガンダムフラウロス(流星号)のパッケージ

ガンダムフラウロス(流星号)のランナー
シールが多いと批判を耳にするが「ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 」を見てしまうと少なく感じます。実際普通の量です。
ガンダムフラウロス(流星号)のランナー

部品注文部品注文
下に落とし椅子で踏んで破損させてしまい部品注文。その間に「ルプスレクス 」が届き、そちらを優先させ作ってる間に番組が終わり、モチベーションが上がらずだらだら作ってしまいました。

ガンダムフラウロス(流星号) ボディ完成
もう「ガンダムフレーム」も見飽きたでしょうからフレームを先に組み立てるのを止めました。後ろにある箱は部品注文で届いたときの物です。胸のラインを「H-32 ダークグレー 」で部分塗装(筆塗)。
ガンダムフラウロス(流星号) ボディ完成


ガンダムフラウロス(流星号) ヘッド完成
角の先端は白いシールで剥がれやすい。角自体もボロボロ落ちるので接着した方が良いかも知れない。
ガンダムフラウロス(流星号) ヘッド完成

ガンダムフラウロス(流星号) アーム完成
ガンダムフラウロス(流星号) アーム完成

ガンダムフラウロス(流星号) レッグとフット完成
ガンダムフラウロス(流星号) レッグとフット完成

ガンダムフラウロス(流星号) ヒップ完成
横の部分が完成写真を見るとグレーなのに何故かシールが付いて来ないので、「H-32 ダークグレー 」で部分塗装(筆塗)。シール2枚ぐらいでそこまで原価が上がると思えないので欲しいですよね。
ガンダムフラウロス(流星号) ヒップ完成

ガンダムフラウロス(流星号) バックパック完成
ガンダムフラウロス(流星号) 」の売りは2本の「レールガン」。ボリュームが有りスミ入れが大変で時間が掛かってしまいました。MA形態で顔になる部分の前面にはグレーのシールが付いてくるのですが、何故か背面は無く部分塗装が必要です。「H-32 ダークグレー 」で筆塗りしました。砲台のピンク部分はシールで難易度は若干高め。一箇所方向を間違え貼り直したのでシワが寄ってしまいました。このキット最大の欠点で手抜き部分ですね。
ガンダムフラウロス(流星号) バックパック完成

■ レビュー
□ 撮影会
ガンダムフラウロス(流星号) / 背部レールガン
HG ガンダムフラウロス(流星号) 」は「HG 1/144 MSオプションセット7 」を購入しないと手持ち武器はありませんので、今回写真は2枚と少ないです。
※ 腰のフラウロス専用マシンガンは取り外し持たすことは可能
ガンダムフラウロス(流星号) / 背部レールガン

ガンダムフラウロス(流星号) / 砲撃モード
差し替えパーツ無しに可変可能。ただ取扱説明書を見ながらでも難しい
ガンダムフラウロス(流星号) / 砲撃モード

カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

□ レビュー
初心者 再現
可動 色分け
耐久性 定価 1,512円(Amazonで調査)
ゾイド形態に差し替え無しで可変可能
不人気の「ショッキング ピンク」ですが、作ってみるとそこまで変な色では無く気になりませんでした。嫌な人は自分の好きな色に塗り替えると面白いと思います。ただ目のシールにピンクの縁が付いているので、上手くカットするか直接目を書く必要があります。

角のシールが剥がれやすいのと、砲台のピンク部分を強引にシールで補うのは厳しい。その癖グレー部分が何カ所もシールが無く部分塗装が必要。

可変は差し替えパーツ無しで頑張っていますが、取扱説明書のようにするのが難しい。「砲撃モード」はガンダムらしくなくゾイドのようで好感が持てます。撮影時の1回の可変だけで、パーツが削れたので数度の可変で馬鹿になりそうです。アニメの活躍もプラモも後一歩で何か足りない物を感じます。品薄で価格が上がってきていますね。

(製作:2017年1月16日~2017年5月29日/記載:2017年5月29日)