RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
ホームページ制作・運営で使用し役に立った JavaScrip(ジャバスクリプト)の紹介
■ タイトル画像をランダム表示
実用的 ★★★★★
タイトル画像をランダムに変えると利点が多いです。Blogでは標準的な機能でもウェブサイトでは「JavaScrip」を使用することになります。
  • タイトル画像がランダムで変われば訪問者が視覚的に飽きない
  • 容量が変わるので、ロボットが頻繁に更新されていると勘違いしSEO対策になる
昔から愛用者の多いスタンダードな「JavaScrip」で、多くのサイトが公開していますが、今回は以下のサイト様を参考に致しました。

画像をランダムに表示する - JavaScript
http://javascript.eweb-design.com/0804_ri.html
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// ランダムに画像を表示する
img = new Array();
img[0] = "http://www.△△△.□□/○○○/title1.jpg";
img[1] = "http://www.△△△.□□/○○○/title2.jpg";
img[2] = "http://www.△△△.□□/○○○/title3.jpg";
img[3] = "http://www.△△△.□□/○○○/title4.jpg";
img[4] = "http://www.△△△.□□/○○○/title5.jpg";
img[5] = "http://www.△△△.□□/○○○/title6.jpg";

n = Math.floor(Math.random()*img.length);
document.write("<img src='"+img[n]+"' border='0'>");
//-->
</SCRIPT>

画像サイズに注意
画像数は自分で増やしていけます。最初は0から始まりますので、img[5]まで増やせば6枚ランダムで表示されます。元は「相対パス」でしたが、階層が変わると表示されなくなりますので「絶対パス」に変更しました。本来は劣化しない「gif」や「png」が好ましいのですが、容量の軽量化で「jpg」にしました。サイズが大きいと表示に時間が掛かりますし、サーバの転送量制限の上限に達してしまいます。
タイトル画像をランダム表示タイトル画像をランダム表示

■ 簡単閲覧制限
実用的 ★★☆☆☆
ネット上は1,000名集まれば1名は変な人が居る世界です。何の記事が「信者」「アンチ」「ネトウヨ」の気に触るかりません。そこでデリケートな記事は簡単なパスワードを掛け飛び先に
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
を設定しGoogleを遮断。常連者のみに見せられるようにします。

本格的なパスワード認証は要りませんので、セキュリティの低い「JavaScript」で簡単な物を探しました。
イメージ的には、「ブロマガ」の様に続きを読むを押したときに購読者のみが閲覧可能になる状態です。

簡単閲覧制限!JavaScriptでパスワード認証 [ホームページ作成] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/23839/
<script type="text/javascript">
function gate() { var UserInput = prompt("パスワードを入力して下さい:","");
location.href = UserInput + ".html"; }
</script>
<input type="button" value="詳細を表示させる(要パスワード)" onclick="gate();">

原理
こちらの「JavaScript」はパスワードの設定や飛び先のURLもありません。
パスワード欄に「kani」と入力すると「kani.html」にアクセスしようとする「分配器」です。
フォルダ内に、「kani.html」「ebi.html」「tako.html」「ika.html」というファイルがあれば、「kani」以外の「ebi」「tako」「ika」で別ページに飛んでしまいます。置いてないファイル名だと「404 - File Not Found」になるというスクリプトです。

それなら「kani」というパスワードではなく、直接「kani.html」を教えた方が早い気もしますが、クレーマー遮断の為に行うので良しとしましょう。
簡単閲覧制限

■ 飛び先のURLを隠す
広告のソースを隠すのに使われていた
2001年頃に使用していた物です。「Amazon」や「Google AdSense」登場前で、アフィリエイト時代に突入を始めた頃で、世間で広告はウイルスのように怪しい物という認識でした。そこで広告のコードを隠す必要がありました。

ステータスバーに文字をスクロールさせる
実用的 ★☆☆☆☆
当時のブラウザは下に「ステータスバー」が表示され飛び先が分かりましたので、怪しい広告コードは踏んで貰えませんでした。そこで「ステータスバー」に指定の文字を流し隠すのが流行りました。
ステータスバーに文字をスクロールさせる

2001年に使用していたバックアップが見付かりませんでしたので、 新たに探してきました。
以下のサイト様が分かり易いです。

JavaScript/メッセージ/文字のスクロール(ステータスバー) - TAG index Webサイト

http://www.tagindex.com/javascript/message/scroll1.html
<script type="text/javascript">
<!--

// 設定開始(メッセージの内容と動きを設定してください)

var msg = '蟹帝國万歳!!'; // メッセージ内容
var speed = 400; // スクロールのスピード(1に近いほど速く)
var move = 2; // スクロールのなめらかさ(1に近いほどなめらかに)

// 設定終了

function disp(){
msg = msg.substring(move, msg.length) + msg.substring(0, move);
window.status = msg;
setTimeout("disp()", speed);
}

// -->
</script>
<body onLoad="disp()">

現在のブラウザにステータスバーは無い
指定の文字が流されURLを消せました。最近では広告に慣れてきて皆気にしなくなりましたし、IE9のデフォルトでは「ステータスバーが非表示」になっており、「スクリプトのステータス バーの更新を許可する」も無効になっています。「FireFox」でも同様に非表示で、「Google Chrome」では無くなりました。使う機会は無いでしょう。
ステータスバーに文字をスクロールさせる

右クリック禁止
実用的 ★★☆☆☆
ステータスバー」のURLを隠しても、少し知識のある人なら、右クリック「ソースを表示」で簡単にURLが分かってしまいます。そこで「右クリック禁止」と併用し始めて効果を発揮します。
右クリック禁止

こちらも2001年当時のバックアップが見付かりませんでしたので、新たに探しました。簡単な物は警告音が出てしまい、不快感がありますので警告音が出ない物を選びました。

右クリックを無効にする - JavaScript
http://javascript.eweb-design.com/0901_rc.html
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// 右クリックすると警告ウィンドウを表示する
function alt() {
window.alert("ご訪問ありがとうございます");

}
//--> </SCRIPT>
<body onContextmenu="alt();return false">

不快感を与えるので注意
右クリック禁止」の表示は訪問者に不快感を与えますので、「ご訪問ありがとうございます」に書き換えました。他には「サイト名」を入れたり、「きさま!見ているなッ!」などネタで柔らかくしましょう。この方法もメニューから「表示」→「ソース」を使用されたら意味がありませんし、訪問者にストレスを与えますので、1年で止めました。
右クリック禁止

転載防止に一定の効果がある
文章の転載や画像の保存を嫌がるサイトでは未だに使っています。特に「歌詞」を掲載しているサイトは厳重ですね。文字の範囲選択不可と合わせてショートカットキー(Ctrl+c)も防いでいます。これらも「ページの保存」をされると意味がありませんし、訪問者に好かれるか情報をある程度守るか運営方針に合わせ天秤に掛けてみましょう。