RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

安定性の欠くBlueStacks
環境は万全
当方はSSD2枚に「Windows 7 Professional 64bit」と「Vista Home Premium 32bit」をマルチブートさせVistaには「Virtual PC 2007」を導入し「Windows2000」も入れ多くの環境でアプリを動かせるようにしてあります。メモリも16GB、HDDも4TB、回線もネクスト光と環境に問題はありませんが、「BlueStacks」は” バージョンごとに動作するアプリが違い ”” 1年前からのバグも放置した状態 ”と安定性に欠き、” 起動ごとに広告用ゲームが勝手にインストールされる ”という酷いアプリで12時間格闘して無理でした。

今回は必要アプリの紹介と使い方、バグとネットで参考にした対策集となります。
使用バージョン 0.9.4.4078/0.7.3.766β


前のページ | PSO2のOTPを外部機器を使わず無料でPC内だけで済ます方法 - 下準備編 - BlueStacksとSimeji
※初心者は手を出さない方が無難です
■ SecureOTP
□ SecureOTPを導入する
SecureOTP」はワンタイムパスワードを発行するアプリです。PSO2のOTPは「SecureOTP」基準とのことで、このアプリを動かすのが目的となります。

検索
Androidの仮想環境「BlueStacks」に元から導入されている「Google Play」で「SecureOTP」と検索すると2種類出て来ます。左側のが一般向けで、右側の「for Biz」となっているのが企業向けですね。一般向けが「評価3.5」、企業向けが「評価5」となっており、内容は企業向けの方が良さそうです。
※インストールにはGoogleアカウントが必需
SecureOTP

期限は3年のみ
規約を読んでみると無料ですが、1ライセンスの契約が「3年まで」と期限付きで短いです。
オンラインゲームの寿命を考えると変更が必需となり面倒ですね。

インストール
一般向けをインストール致します。「開く」をクリックすれば直接起動します。
ホーム(デスクトップ)」上にできたアイコンからも起動できます。
インストール

□ ユーザー登録できないSecureOTP
無事「SecureOTP」を起動できました。しかしどうやって使うのでしょうか?どこをクリックしても反応がありません。「アカウントの登録、並びにシートのダウンロードをしていただかないと、ワンタイムパスワードの発行は出来ません。」 と表示された状態が続きます。

反応しないSecureOTP反応しないSecureOTP
アカウント登録が必要なことは分かります。しかし画面中どこをクリックしても反応しません。「BlueStacks」とアプリの設定を見ても該当する項目がありません。1時間程触っていると、左上と右上からトレイを引き出せ新着通知と自分のユーザ情報を見られることは分かりましたが、関係ありませんでした。

使い難いインターフェイス
下のメニューは全部試しましたが、左から「戻る」「ホームへ」「起動中のアプリ一覧」「SS」「フルスクリーン切り換え」「電源を切る」と関係ありませんでした。

色々な解説サイトを調べてみましたが、本来は下に「ACCOUNT」というボタンが表示されそこで設定するのですが、何度挑戦しても何処をクリックしても出て来ません。公式サイトに『ACCOUNTボタンが表示されない場合は、メニューボタンを押してください』と書いてありましたが、この「メニューボタン」すら見当たりません。
http://www.thirdnetworks.co.jp/inst2/install.html

現状(バグ状態)
現状(バグ状態)

本来
下に「ACCOUNT」が表示されておらず、ここからユーザー登録できる。これが出てない場合は「」を押せばメニューが表示されるとの事だが、これと時刻が表示されていない。
本来

一度再起動しましたが、新たに宣伝用のゲームが3種類自動インストールされ「今日のノルマ」と出ました…酷いですね。「BlueStacks」の不具合のようですので、対策していきたいと思います。
□ BlueStacksのユーザー登録
BlueStacks」のアカウント登録が、「SecureOTP」のユーザー登録に関連している可能性もあり試して見ましたが、只のクラウドサービスで関係ありませんでした。
BlueStacksのユーザー登録

PIN」を貰えましたが、関係無かったです。
BlueStacksのユーザー登録


■ インターフェイス変更
□ インターフェイスを変更してみる
メニューが表示されないのなら、インターフェイスを変えてしまう事に致しました。「BlueStacks」のインターフェイスは使い難いと不評で皆様変更し使用しているとのこと。

□ Go Launcher EX
1億人がDLした人気ランチャー
調べた所、一番人気は「GO ランチャー EX (Go Launcher EX) 」で1億人がDLしています。
Google Play」で「Go Launcher EX」と検索すると出て来ます。
Go Launcher EX

早速インストール。AndroidはPCと違いインストールが簡単ですね。
Go Launcher EX

使い勝手は可も無く不可も無く
サンプルで見た想像していた物とは違いましたが、「BlueStacks」のデフォルトより使いやすいです。あちらはホームが宣伝のゲームで埋め尽くされ酷い有様でした。
Go Launcher EX(after)
Go Launcher EX

BlueStacks(before)
BlueStacks

結局、「Go Launcher EX」でも「SecureOTP」にメニューが表示されませんでした。
□ Nova Launcher
3D感覚の操作が売り
他の使用者を参考にしたところ、次に人気があったのが「Nova Launcher 」。同じく「Google Play」で「Nova Launcher 」と検索すると出ます。「評価4.6」と「Go Launcher EX」より若干上で、DL数は1,000万と人気もあります。
Nova Launcher

3D感覚で立体の四角を回しページをめくっていく操作感覚です。
設定で切ることも出来ますが、個人的には使い難いので無し。
3D感覚の操作が売り

こちらでも「SecureOTP」にメニューが表示されず。インターフェイスは関係無いようですね。

■ Device ID
正式な手順
やり方を掲載しているブログを一通り読みましたが、正式な手順は以下の通りです。しかし「SecureOTP」のメニューが出ない時点で詰んでいると思いますが、手順を参考に行う事に致します。
  1. Blue stack」をインストール
    Google IMEやランチャーを入れると使いやすくなる
  2. Googleアカウントを認証させておく
    Blue stackの管理」→「アカウントの管理」→「Google
  3. Google Play」から「Device ID」をインストール
  4. 同じく「Google Chorome」をインストール
  5. Google Chorome」から「APK Downloader」のサイトに行きインストール
    Google Play」経由はNG
  6. Google Chorome」から「SecureOTP」をインストール
    Google Play」経由はNG
※この掲載されていたやり方は誤情報?
1.「Device ID」から直接「APK Downloader」を導入できます。
2.後日(次のページ)成功したやり方では「Device ID」と「APK Downloader」を使わず「Blue stack」と「SecureOTP」のみでいけました

□ Device ID
バグの関係で先に「Device ID」の紹介からとなります。「Google Play」で「Device ID」と検索すると同名の物が何種類か出て来ますが、「Device ID」を発行できればどれも同じとのこと。そこで一番最初に出てくる以下のスタンダードな物を導入しました。
Device ID

Device IDを保存しておこうDevice IDを保存しておこう
アイコンをクリックすると「Device ID」と「Googleアカウント」の「Email」が表示されます。右側に「Copy」と表示されていますので、それをクリックしメモ帳に貼り付け保存しておきましょう。「Device ID」はPC単位では無くソフト単位の様ですね。「Blue stack」をアンインストールしもう一度入れ直すと変更されてしまいました。左のは変更前の物です。

■ Google Chorome
Device IDの導入には、Google Chorome必需
上記にの「Device ID」の導入には、「Google Chorome」をインストールしダウンロードツール「APK Downloader」を導入しなければならないとの事。「Google Chorome」のアドオンとして使用するため、「Google Play」経由ではなく直接インストールが必要。

□ Google Chorome
PCでも人気のあるブラウザ「Google Chorome」。当方も愛用しており、「SecureOTP」を抜きにしても
BlueStacks」に入れておいた方が便利ですね。「Google Play」で「Google Chorome」と検索すれば出て来ます。
Google Chorome

ダウンロード数5億と桁が違いますね。
Google Chorome

PC版と変わらないGoogleです。 しかしここから最大の問題が発覚。
Google Chorome

□ 真っ黒になるGoogle
APK Downloader
次に必要なプラグイン「APK Downloader」を導入するため、「Google Chorome」のURL部分から直接「APK Downloader」と検索すると…。
Google Chorome

ブラックアウト
真っ黒のまま何も表示されません。暫く待っても無理でした。「BlueStacks」をアンインストールし、手順通り1からやり直した時に気が付きましたが、「Google Chorome」導入時に表示される公式サイトも真っ黒のまま表示されません。これは「Google Chorome」関連の不具合ですね。
ブラックアウト

□ 対策集
Adobe AIR
そこで検索したところ同じ不具合に合っている方が何人か居ました。ヤッフー知恵袋を拝見したところ、「Adobe AIR」が必要との事。PCでも「Flash」が入ってないと見られないページが存在しますからね。「Flash」で検索したところ出てこず、「Adobe AIR」が関連アプリの詰め合わせになっている様です。
Adobe AIR

しかし「Google Chorome」がブラックアウトする不具合は直らず。「Adobe AIR」は必需なので入れておいた方が良いです。

Google IME
BlueStacks」には日本語入力が無いので、前回定番の「Simeji(日本語文字)」を導入しましたが、不具合が起こるアプリが有り、「Google Chorome」は「Google IME」と相性が良いとのこと。そこで「Simeji」をアンインストールし「Google IME」と入れ替えました。
PSO2のOTPを外部機器を使わず無料でPC内だけで済ます方法 - 下準備編 - | BlueStacks,Simeji

Google IME」と検索したところ、正式なアプリ名は「Google 日本語入力」ですね。
Google 日本語入力
やはりこれでも駄目ですね。ブラックアウトします。

■ 軽い旧バージョンを使う
□ BlueStacks 0.7.3.766βを使って見る
軽く安定しているとの評判
質問サイトで「BlueStacks」に関する過去記事を調べてみましたが、画面がブラックアウトするのはPCのスペック不足という記載があり、勘違いされないように記事冒頭で、当方は高スペックPCと高速回線を使用していることを記載致しました。そこの質問では旧バージョンの方が軽く安定しておりで「BlueStacks」が真っ黒になる状況に対処出来るとのこと。そこで紹介されていた軽いと評判の旧バージョンのβ版です。

BlueStacks_HD_AppPlayerPro_setup_0.7.3.766_REL.msi
http://cdn.bluestacks.com/downloads/0.7.3.766/
BlueStacks_HD_AppPlayerPro_setup_0.7.3.766_REL.msi


BlueStacksのアンインストール
0.9.4.4078」をアンインストールし「0.7.3.766β」を導入したところ設定が残っていました。おかしいと思い調べやり直したところ、アンインストール時の質問が全てのデータを消すのか聞いていると思い「YES」を選択しましたが、逆にデータを残すか聞いているんですね。ここは「NO」をしないと設定が残ってしまいます。
BlueStacksのアンインストール

0.9.4.4078」と違い「0.7.3.766β」のインストールは英語ですが内容は同じです。
まずは規約に同意いしチェックを入れます
BlueStacks 0.7.3.766β

次に推奨設定の「App storeへのアクセス」「アプリ通知」にチェックが入ったままインストール開始
BlueStacks 0.7.3.766β

BlueStacks 0.7.3.766β
こちらが「BlueStacks 0.7.3.766β」ホームとなります。しかし全てのメニューアイコンをクリックして見ましたが、「Google Play」と「ブラウザ」のアプリが入っておらず手詰まり状態です。
BlueStacks 0.7.3.766β

Amazon Android アプリストア
Google Play」の代わりに「Amazon Android アプリストア」という別サービスが入っていたので、そちらを代用しAmazonのアカウントでログインしました。
Amazon Android アプリストア

必要なアプリが置いていない
しかし「Google Play」「Google Chorome」で検索しても置いてないですね。そもそも「BlueStacks 0.7.3.766β」のユーザ設定の中は「Facebook」と「Twitter」のみで「Googleアカウント」が無い為ログイン出来ません。
Amazon Android アプリストア
□ BlueStacks 0.7.3.766でGoogle Playを使う
そこで調べてみると「BlueStacks 0.7.3.766でGoogle Playを使用できないと言われているが、それは間違いで出来きます。」と書かれたログを見付けました。

1. まずはアプリの「Help」を立ち上げURL部分に「Google Play」と入力し検索
BlueStacks 0.7.3.766β」にはブラウザのアプリが入って無く検索出来ませんでしたが、この方法ではブラウザが立ち上がりました。何故か完全アンインストールした後にもう一度「BlueStacks 0.7.3.766β」を入れて見ると「Help」が無くなっていました。仕方なくTwitterを起動しログイン。誰でも良いのでURLが記載してあるツイートを探しそこからブラウザを立ち上げました。

Helpをクリックすると動画が立ち上がるが、下にクリックできる部分がある
BlueStacks 0.7.3.766でGoogle Playを使う

ここをクリックするとブラウザが立ち上がり、URL部分に「Google Play」と入力する
BlueStacks 0.7.3.766でGoogle Playを使う

普通に検索で「Google Play」が出て来ます
BlueStacks 0.7.3.766でGoogle Playを使う

2. Google Playの公式サイトで直接でアプリを検索
トップページに入り虫眼鏡マークをクリックすると検索窓が出て来ますので、そこで「Google Chorome」と入力します。
2. Google Playの公式サイトで直接でアプリを検索

3. ログインしてインストール
インストール」をクリックするとログインIDとパスワードを聞かれ無事ログイン出来ました。本当に「BlueStacks 0.7.3.766β」でも使えたんですね。毎回この手順を踏むのは面倒ですが。
3. ログインしてインストール

インストール出来ず
端末にアプリをインストールできません。」と表示されます。他の必要アプリを試しても無理でした。これは「BlueStacks 0.7.3.766」でも使えるとは言わない。ログイン出来るだけです。世間一般で言われている方が正しかったですね。
インストール出来ず

次回は成功したやり方の紹介となります
次のページ | BlueStacksにSecureOTPを導入しPSO2にログイン成功 SecureOTPの設定と使い方


(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2 『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/