RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

WLI-UC-G ネットに繋がらない | トラブル発生・再インストール編
■ インターネット接続共有エラー(6)
□ インターネット接続共有エラー(6)が出てインストールできない
BUFFALOのWLI-UC-Gがインストール中に「インターネット接続共有エラー(5)」「インターネット接続共有エラー(6)」と表示されインストール出来ない場合の解決方法を記載していきます。この記事を書いている段階では既に解決済みです。

発生条件
  • USB(WLI-UC-G)を差し替えた
  • アンインストールした
作業条件
  • アンインストールしてある
  • セキュリティーソフトは切ってある
  • 管理者権限をクリアしてある
  • PC本体はインターネットに接続出来る


【対策2】ローカルエリア接続の設定
ここからはサポートなどで調べたりした事を試していきます。

1. デバイス確認
Vista 32bit の場合[スタートメニュー]→[コンピュータ]を右クリックします。
[管理]→[デバイスマネージャ]か
[プロパティ]→[デバイスマネージャ]で以下の画面を表示させます。

[ネットワーク アダプタ]の中に[BUFFALO WLI-UC-GN Wirelss LAN Access Point]と表示されている事を確認しましょう。(2個目なので#2と表示されています)
「×」や「!」マークが出ている場合は以下の事が予想されます。
  • きちんとWLI-UC-Gが挿さっていない
  • WLI-UC-Gが壊れている
  • パソコンのUSB差し込み口が壊れている
  • その他考えられるPCやOS関連のトラブル


2. ネットワーク接続の管理
[スタート]→[コントロールパネル]→[ネットワークの状態とタスクの表示]と進むと以下の画面が出ます。


そして[ネットワーク接続の管理]をクリックすると一覧が出てきます。WLI-UC-Gを探してみましょう。
ローカル エリア接続 2「BUFFALO WLI-UC-G Wireless LAN Access Point #2」がありました。これですね。しかし赤い「×」印が付いています。動作していないようです。


3. チェックを外す
WLI-UC-G(BUFFALO WLI-UC-G Wireless LAN Access Point )を右クリックし[プロパティ] を選びます。

1.[共有]をクリックし画面を変えます。
2.[ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する(N)]の「チェック」が入ってる場合は外してから[OK]をクリックします。

□ チェックが入っていない場合
私の場合の様にWLI-UC-Gを今まで使っていたが、USBを差し替えたら認識しなくなり、再インストール中に「WLI-UC-G インターネット接続共有エラー(6)」が出てしまう方は、元々チェックが入って無いと思います。その場合は1度チェックを入れ[OK]をクリックしてから、「チェック」をは外し再度[OK]をクリックします。




4. 再びインターネット接続共有エラー(6)
インストールしたところ再び「インターネット接続共有エラー(6)」が出ました。この有名な解決法は使えないようです。元々「チェック」が外れてましたので、当たり前と言えば当たり前です。次の解決法に行ってみましょう。

【対策3】ドライバ強制削除
1. 公式サイトから最新のドライバーを手に入れる
次に、バファローの公式サイトからダウンロードしたドライバを立ち上げます。

WLI-UC-Gシリーズ設定CD Ver.2.04(2010年11月16日掲載)
Ver.2.04(73MB)

http://buffalo.jp/download/driver/lan/wli-uc-g_tool.html

2. セットアップを立ち上げる
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍が始まり、自動でセットアップメニューが立ち上がります。

□ 既に解凍済みの場合
既に解凍済みの方は、フォルダ「WLIUCG204」がデスクトップ上にあると思います。
その中のSetup.exe をダブルクリックするとセットアップメニューが立ち上がります。



3. オプションを選ぶ
今回は「かんたんスタート」は無視して、[オプション]をクリックしましょう。


4. CDを参照を選ぶ
「ソフトの削除」「ドライバの削除」では無く、今回は用意されている強制削除ソフトを使用します。[CDを参照]をクリックします。ダウンロードしたファイルなのでCDではありませんし、現在入ってるCDを参照する事もありませんのでご安心を。

□ 消せない場合が想定されている
スタートメニューに無かったアンインストールは、ここに用意されていたのですね。アンインストールするのにセットアップCDが必要とは不便ですね。無くした場合は消せないという事ですね。ここの中に「ソフトの削除」「ドライバの削除」で消せない場合の強制削除ソフトが用意されてるとの事です。


5. DEVREMOVE.exeを起動
[driver]→[MDRIVER]→と進み[DEVREMOVE.exe]をダブルクリック
[DEVREMOVE.exe]はドライバの強制削除ソフトなので起動しましょう。
私の場合は「ドライバはインストールされてません」と出ました。

□ driver


□ MDRIVER


私の環境は「Vista 32bit」ですので[DEVREMOVE.exe]を使用しましたが、[DEVREMOVE64.exe]は64bit OSの物のようですね。公式サイトなどで調べ自分に合った物を使用しましょう。

□ DEVREMOVE.exe


6. DEVREMOVE.exeを起動
再び最上階層に戻り[Tool]-[SoftAP]-[SoftAP]→と進み[DEVREMOVE.exe]をダブルクリックします。前回と同じファイル名ですが、今回の[DEVREMOVE.exe]はソフトの強制削除ソフトです。同じ要領でこちらも起動しましょう。

私の場合は「ドライバを削除出来ました」と出ました。これが上手く削除されいなかった様です。

7. WLI-UC-Gを抜き再起動する
WLI-UC-Gを抜くこれ意外と大事ですので忘れないこと。抜いてからPCを再起動して下さい。これで完全消去されました。

■ 再インストール編
1. セットアップメニューを立ち上げる
先ほど解凍をしたフォルダ「WLIUCG204」がデスクトップ上にあると思います。
その中の「Setup.exe」をダブルクリックするとセットアップメニューが立ち上がります。


2. かんたんスタート
今回は[かんたんスタート]を選びます。


3. 親機モード
勿論、DSやPSPで遊ぶ場合は親機モードでインストールして下さいね。


4. WLI-UC-Gを挿す
インストール途中に停止しWLI-UC-G(USB)を挿すように指示されますので、挿しましょう。自動でインストールが再開されます。※インストール前には挿さないこと

5. 再起動する
「セットアップが完了しました。」と表示されてもまだ完全には完了していません。指示に従い再起動しましょう。もし作業中でしたら保存しアプリケーションを完了させてから再起動します。


6. インストール完了
再起動後にインストールが完了します。


7. 接続テストする
PSPもしくはDSでテストしてみましょう。私はPSPでオンラインゲーム「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」が動くかテストしてみました。

ここでは説明致しませんが、「AOSS」をクリックするとPSPを認識させ接続設定が出来ます。PSPのオンラインゲームの動作確認が出来ました。完了です。

■ 再びインターネット接続共有エラー(6)
□ 再びインターネット接続共有エラー(6)
あれから2ヶ月USBをずっと挿しっぱなしにしていましたが、この事を記事にするのにSSを撮ってなかった事が心残りでした。PC本体前面にUSB端子が2つ付いており、キーボードを右に挿す事にし、「WLI-UC-G」を左のUSB端子に移動したところランチャーに×マークが・・・もしや!?と思うと全く同じ現象が出ました。

2度目の「インターネット接続共有エラー」が出てくれたお陰で、この記事を書くことが出来ました。本当は1回目の時はインターネット接続共有エラー(5)であり、2度目はインターネット接続共有エラー(6)でしたが、画像の関係もあり同じ解決法でしたので、全て(6)として記載しています。

□ 抜き差しで認識しなくなるWLI-UC-G
原因は「WLI-UC-G(USB)」の抜き差しでなるようです。ずっと挿しっぱなしにしておけと言う事です。USBなのにそんな馬鹿な使い方をしろと、抜き差しが何時でも出来るUSBの利点を生かしていないし、ハードの寿命を縮めてしまいます。怒られるかもしれませんが、BUFFALOの「WLI-UC-G」シリーズは使わない方が無難です

■ PSPが「80410410」 エラーで繋がらない
□ PSPがDNSエラー「80410410」 で繋がらない
私も常になりますが、これはソニーの認証サーバーが貧弱な為に混雑の時間になりやすいです。いつも1回で入れず5回、10回と再試行する事となってしまいます。何度か粘ってみましょう。

□繋がる気配がない・様子がおかしい
サーバが落ちてるか緊急メンテナンスの可能性があります。PSPは公式などで発表しないで突然行いますので、情報無しという場合が多々あります。

(記載:2011年4月7日)