RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

■ フェルト芯は高くて寿命が短い

□ タブレット

パソコンでお絵かきをする時の必需品タブレット。私もずっと愛用していますが2004年に「WACOM Intuos i-600」から「WACOM intuos3 PTZ630」に買い換えました。(両方とも秋葉原ソフマップで購入)i-600は使ってるうちに絵を各部分のシートが段々めくれてきてしまい、中にゴミが貯まっていき使い難かったのですが、PTZ630は改良おりそれがありません。そしてペンが2本とマウスが付いてきました。そして紙の書き心地になるという「オーバーレイシート」と「フェルト芯」という物が付いてきました。これを使ったところ笑ってしまうほど書き心地が良く同じタブレットのi-600とは別物でした。これだけのセットなので結構なお値段がしましたが、当時27,000円ぐらいしたかも知れません。

WACOM intuos3 PTZ630

□ フェルト芯

i-600時代は結構な量のCGを描いたのですが、最初に付いてきたノーマル芯を2本しか使わず買い足すことはありませんでした。PTZ630を買ってから忙しくなり絵を描く暇が無くなりましたが、4年ほど使い付属のフェルト芯5本が無くなり近くのPC DEPOTに買いに行ったところ、1本高くても50円だろうと思っていましたが、10本2100円と思わず「高っ!!」とレジで大声を出してしまいました。店員さん申し訳ありません、こういった何処でも商品は定価売りなのは知ってますので、定価が高いという意味でPC DEPOTが高いという意味じゃ無かったんですよ。

□フェルト芯は寿命が短い

そして最近同人ゲームなどを制作するようになり、再び頻繁に絵を描く機会が増えました。秋葉原のヨドバシで5本1,050円で買い足しました。背景を描くとなんと1週間で1本消費してしまいました。ノーマル芯は4年持ったのに…。

FUZ-A121 フェルト芯

■ 無印綿棒でフェルト芯が自作できる

□ 無印綿棒でフェルト芯が自作できる

twitterでノーマル芯は1本で4年持ったのに、フェルト芯は5本1050円(1本210円)するのに1週間しか持たないコストパフォーマンスが悪すぎと呟いたところ、姫からリツイートが。
何でも綿棒でフェルト芯が代用できるとか、mixiやtwitterで有名らしいです。

用意するのは「無印 細軸綿棒200本 252円」なので間違えないで下さい。
これで成功すれば1本210円のフェルト芯の代金で200本入り=400本作れます。400倍ですよ、400倍。失敗しても綿棒として使えば良いし、252円ですしね。

無印 細軸綿棒200本 252円

□ 同じ大きさに切る

フェルト芯と同じ大きさに切ります。先の部分が少し残るぐらいが良いらしいです。


□ 抜けてしまう

この自作ペンで1作品簡単なイラストを描いてみましたが(下部に記載)、1時間で20回ほど軸が抜けイライラしました。セロハンテープを巻いてみましたが入らなくなり、薄く巻くと入れるときに剥がれしまいます。微妙に綿棒が細いんですよね。

おかしいなと思い調べて見ると、綿棒の綿部分を先端にするのかと思っていましたが、なんと「先端を内側」にするらしいです。ああ、なるほど抜けなくなりましたね。書き心地は固くなりましたが。



■ 実戦
イラストの善し悪しは別として、綿棒自作ペンタブのみで1作品仕上げて書き心地などを評論してみたいと思います。

□ 下書

2カ月ぶりにイラストを書きますので、指が鈍っていますが。ペン軸を逆にしてしまっていたので1時間で20回ほど軸が落ち苦戦しながら描いています。途中で逆だった事が判明し落ちなくなりました。書き心地はフェルト芯特有の鉛筆の感触とは違いますね、フェルト芯の再現度は7割程度です。


□ 色分け

線の修正と色分けしました。解像度を1200dpiにしていますが、違和感はありませんね。線はすいすい書けます。


□ 着色

私はいつもセル塗りですが、それだと感触が分かりませんので水彩画塗りで行きます。この頃になるとペン軸の癖に慣れてしまい違和感が完全になくりました。フェルト芯より摩擦係数が無い別物ですが、ノーマル芯よりは書きやすい、フェルト芯とノーマル芯の間にある別の芯という感じですね。


■ 評論

□ 代用

無印綿棒芯でフェルト芯を代用でき書き心地も同じという情報でしたが、確かに代用できます。やや細く抜けやすい欠点がありますが、上手く加工知すれば抜けにくくはなります。

□ 書き心地

フェルト芯と比べて、鉛筆の再現度、あのカリカリ感は7割再現といった所でしょうか。ノーマルのホワイトとフェルト芯の間の書き心地で、新しいタイプの芯という感じです。使い慣れれば違和感が無くなりますね。

□ コストパフォーマンス

同人ゲームの背景を描いたところ1~2週間で1本消費ペースでした。フェルト芯は寿命が短いようです。そして1本200円と私の愛用のTooの0.1ミリペンと同じ価格です。コストパフォーマンスが悪すぎます。無印綿棒芯を使えば252円で200本の芯が買える事になりますので、98.8%引きとなります。
  鉛筆表現 書き心地 寿命 価格 コスパ
ノーマル芯
(ホワイト)
★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ 5本1,050円 ★★★★☆
フェルト芯 ★★★★★ ★★★★★ ★☆☆☆☆ 5本1,050円 ★☆☆☆☆
無印綿棒芯 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ 100本252円
(200本取れる)
★★★★★

□ 編集後記

使ってみると違和感が無くなって行きますので、普通に使う分には問題ありません。コンテストに出す作品や商用作品ならフェルト芯を使った方が良いのでしょうが、ほんの少し違うだけで作品が表現出来ないという天才肌の方でも練習用やお遊び用に使うのにはもってこいです。私はイラストがあまり上手くないので、フェルト芯使っても変わりませんので愛用する事にしてみます。
(2011年11月22日記載)