RSS
人気ページランキング
ブログパーツ

■ 重神機パンドーラ
□ Mission 01 進化する破壊者
※ 新作アニメをリアルタイムで楽しむためPVや事前情報を遮断しています
マクロス」シリーズで硬派なイメージのあった「河森正治」氏ですが、最近は「アクエリオン」シリーズなどから馬鹿アニメの代名詞となりネタアニメとして見ることに。残念なことにニコ生放送は無く、突っ込みどころのある作品はコメントで名作に変わるのに勿体ない。

エネルギー不足の現代地球で新エネルギーの実験を行うも失敗し、地球上の生物と機械が一体化してしまった世界。何故か人間は無事。流行の文明崩壊、城壁物。第一印象は「クラッシャージョウ 」。

序盤から癖の多いキャラが多数登場。誰得な胸のアップと乳揺れ。1話から登場人物が多すぎ区別が付かず主人公も誰だか分からない。一番苦手な科学者が「レオン」が主人公か?

妹「クロエ」を逃がすため出撃も約束を守らず敵の前に出て邪魔する展開は嫌い。両方助かるはずが自分勝手な行動に足を引っ張られ無駄死にしたらと考えると…ね。そのお陰で覚醒し人型に進化した主人公機は「パシフィック・リム 」を彷彿させられる。1話にしては退屈。ネットの反応は設定詰め込みすぎ。

1話クライマックスは「多重次元アターック!!」と殴るだけで地味
ビルドファイターズ トライの「次元覇王流」のよう飽きられない展開を望む
□ Mission 02 箱を開けし者
前作の感想から読み解く
1話の感想を読むと「一番嫌いなキャラが主人公だった」「妹が邪魔」と同様の感想を持つ人が多く安心。何でも中国資本で作られた中国向けの作品で舞台も中国に実在する都市「重慶」がモデルとの事。キャラデザは「マクロスF」で大人気だった「江端里沙」氏。

大罪の反省無く共感を持てず
新エネルギー開発実験に失敗し地球上の生物と機械が融合、地球を崩壊させ人類絶滅の危機に晒したのは主人公「レオン」なのに1話では処刑されずしれっと普通に生活してた。そして二話で何故被害者達に偉そうなのか。「レオン」が都市に入ることを許され主要人物と会話する仲間の紹介回。特殊部隊「パンドーラ」結成。エヴァと同じような構成で最初に暴走し記憶無し、食事など生活シーンの後最後に戦闘後半を流す。

妹クロエの思わせぶりな台詞で幕引き
妹「クロエ」は1話で分かるように「レオン」の事故で家族を亡くし「レオン」が罪悪感からか引き取り「家族契約」を行っていると推測されるが、Cパートで「帰ってきたよ…お兄ちゃん」と思わせぶりの台詞。既に死んでいるのか「クイニー」が追っている敵か。

口癖が耳障り
この作品はキャラ付けさせる口癖が若干耳障りに感じます
クロエ「ヤバイヤバイ」 タグ「ま、どうでもいいけど」 レオン「ブツブツ
□ Mission 03 2038 ネオ翔龍
3話連続の説明回。秘書官の「ジェイ」は人手不足、金が無いとしか言わず優先順位を判断できない無能感を出している。主人公「レオン」は立ち振る舞いから相変わらず視聴者を苛立たせる。姫様は事故前の方が可愛い。中国向け作品なので毎週中華料理の飯テロを入れるのだろうか?

隊長の「グレン」は「レオン」達の実験による事故で家族を失い部下達が惨殺されたのに、加害者側の「クロエ」の自分達も苦労したんだという逆ギレには引いた。「ハイパードライヴ」実験が失敗したら街から追い出されるという契約だが、普通に失敗したところに巨大な敵が現れ終わり。何故あれで「グレン」が「レオン」を許した雰囲気になっているのだろう?来週は敵を倒して合格となるありきたりの展開と予想。

姫様好き好きセット
姫様好き好きセット

姫様好き好きセット

姫様好き好きセット

姫様好き好きセット