RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
無料写真素材
※素人がネットでヘッドホンの断線の修理方法を調べて挑戦し成功したやり方です
前のページ | 断線したヘッドホンSONY MDR-CD480を修理する1 ラジオデパートで部品購入・クリップケーブルを作成
■ コーティングを剥がす
□ ウレタンコーティング
自作「クリップケーブル」で仮接続したところ通電しませんでした。何度か動かしたところ一瞬音がしましたので、何かしらのコーティングがされており、右・左・GND(グラウンド)の色は合っているようです。
 試しにコードを剥くと一本一本が髪の毛より細い線になっており、中には綿の様な素材で別の線は隠されていませんでした。周りでくるんでいる細い線が電気を通す役割がある様です。しかし一本一本コーティングされており、これを全てやすりがけするのだとしたら無理です。
色々調べてみるとハンダで焼く、ライターで焼くなど色々なやり方があり何が正解か分かりません。

質問サイトで質問することに
そこで「ヤッフー知恵袋」と「ついっぷる」にて質問。


偶然知り合いがTwitterで断線を直してた
Twitterを見るとタイムリーに知り合いがイヤホンの断線を直していました。そこで聞いてみると「エナメル(ウレタン)コーティング」との事。「ついっぷる」の方にも丁寧にやり方のURLを記載して下さった方がおりやり方は以下の通り
  1. ライターでコーティングを燃やす
  2. 紙やすりで燃えかすを落とす
  3. ハンダでコーティングする
難易度が高く素人では難しいとのこと

コーティングを燃やす
ライターでは危ないので「チャッカマン 」にて「エナメル(ウレタン)コーティング」を燃やしました。一瞬で燃え上がるので接続部分だけ燃やすように致しましょう。根元まで燃やすと線と線が触れ合ってしまい音が出なくなります。」
※燃やす前に適切な長さに切りましょう。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

紙やすりでゴミを取る
燃えカスや焦げ、コーティングの残りなどを紙やすりで落とします
紙やすりは目が細い方が良さそうです。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

仮はんだ
コードのゴム部分が溶けてしまいますので、2秒ほどで簡単に線にはんだを流し込みます。
これをやっておくと「はんだごて」を押しつけるだけで接続出来るようになるとの事ですが難しいですね。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

※線の長さに注意
プラグの構造によって変わりますが、はんだ付けしようとしたところ長すぎてプラグの中に収まりませんでした。やり直すことになりました。最初に「仮はんだ」してある部分が指定の場所に来るように調整致しましょう。GNDが8ミリ、左右のヘッドホン様が4ミリ程度でした。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

※レンズが大きすぎてレンズの影が入ってしまっています。別途フラッシュを買わないと駄目ですね

■ はんだ付け
□ コードとヘッドホンプラグをはんだ付け
仮はんだ」をやっておくと、「はんだごて」を軽く押しつけるだけで接続出来ます。足りない場合は少しはんだを垂らしましょう。はんだ付けは成功しましたが、また同じ過ちを繰り返しました。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

※キャップは先に入れておく
またキャップを入れ忘れていました。後からは入れられませんので一度剥がすことに致しました。
コードは切断して作り直せば良いのですが、プラグの方に余分なはんだが残ってしまいました。

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

やり方
  1. 写真のように線を垂直に立て「エナメル線」を「Tの字型」にします
  2. まずGDNの部分を面積の大きい部分に接続します
  3. はんだが冷めたらコードを寝かし首の部分をラジペンで締めます
    強く締めすぎるとコードに傷が付きます
  4. 次に右と左のコードを短い羽の穴の内側から中に通し外側で折り曲げて接続します
    予め 「クリップケーブル」で左右を確認しておきます
    穴が小さいので仮はんだを付けすぎると穴を通りません

※見本用に撮った写真ですが、先ほどキャップを入れ忘れやり直したため
残りのはんだが汚くて申し訳ありません

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]


[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]

□ 無事成功
左右から音が確認出来ました。まさか初めてで成功するとは思ってもみませんでした。
はんだを使った事が中学生の技術の時間以来の人でもできるんですね。
壊れたヘッドホンで修理に2万掛かりますので、「どうせ棄てるんだから壊れてもいい」という
覚悟で試してみましょう。

ヘッドホンを動かすと演奏だけになり歌が聞こえなくなります。
別の場所も壊れていることが判明しました(続く)

[1920×1280]
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]
次のページ | 断線したヘッドホンSONY MDR-CD480を修理する3 難易度の高いミニプラグに挑戦