ニュース
スロット番組で店のペナ仕込みがバレる
新規制2012年4月1日より押し順ART禁止か
不正釘問題 釘の変更禁止に


初心者講座
スロットの打ち方
目押しの必要性
基本的な打ち方
特殊なリール目
色々なチェリー
熱いリール目
知識
4号機とは?ストック機時代
5号機とは?スロット氷河期
5.1号機とは?ハイリスク・ノーリターン
5.5号機とは?原点回帰
パチスロ用語集

5号機
エウレカセブン
スマホサイズで表示 感想・実戦 導入日の様子
翠星のガルガンティア
スマホサイズで表示 感想・実戦 導入日の様子


読み物
知識や実力で勝てるのは?収支が安定するのか?
パチ・スロ糞台大賞決定 歴代のまとめ
甘い甘デジ大賞 | 2
エナが美味しい甘デジ
コピペ
CR哲也2の激辛釘動画で炎上
エ○パス出玉没収事件
ミリオンゴッド都市伝説
4パチ65%規制とボーダーが上がり1パチへ | 2
北斗将7777Gハマリ
コピペ1.慈愛仕様
コピペ2.無限
コピペ3.ハマリ
コピペ4.嵌り神
コピペ5.ID:X025Gx87
コピペ6.キウイスムージー
コピペ7.伝説


アイコンの見方
スマホサイズ スマホ
スマホサイズで表示
感想・実戦 レバー
感想・実戦
導入日の様子 掲示板
導入日の様子
自主規制 自主規制
Google先生が優秀なので

萌えスロ
萌えスロ
天井美味しい
天井美味しい
プロ御用達
プロ御用達
4号機再現
4号機再現

■ 5号機から5.1号機へ
□ 演出面の規制が緩和された5号機
4.7号機の擬似的再現が可能に
スロット離れが深刻化し2008年3月に規制緩和されました。21項目のうち9項目の演出面に関する事だけしか認められませんでしたが、「快盗天使ツインエンジェル2」により「マイスロ」「萌えスロ」ブームが到来しアキバ系の取り込みに成功。DQNからオタクへと一気に客層が変わりました。そして” 初代北斗以来の大ヒット "と呼ばれる「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」の登場により、SFアニメで飛行し押し順ナビで敵を撃墜するタイプのARTが大ブームとなります。「パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説」「押忍!番長2」など4号機を再現した機種も現れ、5号機に明るい兆しが見え始めました。

この規約変更後も実際は5号機のままですが、雑誌などで書く都合上「5.1号機」と記載されることが多く、当サイトでも「5.1号機」として記載致します。

規制緩和
当方の思い浮かぶ代表的な物を箇条書きしたいと思います。
    小役関連
  • ボーナス優先から小役優先に
  • 押し順リプレイ・ベル可能に
    リプレイは外せないので突入リプや転落リプが揃う
    演出関連
  • リールのフリーズ・変則始動可能に
  • リールの消灯・リール上に液晶可能に
□ 5.1号機代表的機種
純Aタイプ
純Aタイプは設定判断が簡単で高設定は安定して勝てる、逆に低設定は勝てず設定を入れると店が損をする、低設定にすると一撃がないので誰も打たないと扱いが難しく新台も短命で終わり代表する名機は見当たりませんでした。「レアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~」と「不二子~100億$の女神~」(※REG後に50GのRTが付くがAタイプ扱い)はお奨め。

RTタイプ

RTタイプは、ATが無いので獲得可能なベルが通常時もRT中も変わりません。よって通常時のベル率を上げられない為にボーナス間の繋ぎにしかならず、爆発力を求める客には人気がない。「ツインエンジェル2」は” 初のマイスロ搭載機 ”でアキバ系をターゲットにしたスロットとして新規客層の取り込みに成功しました。「ひぐらしのなく頃に祭」は人気がありませんでしたが、ビタ押しが出来れば機械割が100%を越える「ウーロン」に続く2機種目の名機です。

ARTタイプ
客は4号機のようなや一撃のあるギャンブル性を求めており、5.1号機は客のニーズに応えたARTばかりとなりました。最初はボーナスが1/90程で永久ARTに入る「キン肉マン」タイプが流行りましたが、「ガンダムⅢ」と「あしたのジョー」が立て続けに失敗し大失速。
パチスロ界を救ったのは「エウレカ」の登場です。独特な世界観とゲーム性により” 初代北斗以来の大ヒット "と言われ、エウレカ系と言われる機種「マクロス」「アクエリオン」「サクラ大戦3」と続々登場ししました。その後「鬼武者」の” 継続率+ストックタイプ ”が大ヒット。
純Aタイプ
RTタイプ ARTタイプ
クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~
不二子~100億$の女神~
ツインエンジェル2
ひぐらしのなく頃に祭
ツインエンジェル3
悪魔城ドラキュラ
機動戦士ガンダムⅢ
忍魂
緑ドン
バジリスク 甲賀忍法帖
エウレカ
銀河英雄伝説
マジカルハロウィン2
鬼武者
蒼天の拳
ミリオンゴッド
~神々の系譜~
秘宝伝~封じられた女神~
北斗の拳F
押忍!番長2
マクロスフロンティア
はじまりの歌、銀河に響け!
戦国乙女
~剣戟に舞う白き剣聖~

□ キン肉マンタイプ(無限ARTタイプ)
ボーナス確率が1/90程と当たりやすいが、獲得は50枚以下と少ない。ボーナス中に6択ベルを獲得した回数が多ければ多いほどARTに突入しやすい。ARTは無限(次回ボーナスまで)なのでボーナスをどれだけ長く引かないかが鍵となる。継続率やストックでボーナス後も継続し獲得枚数を増やしていく。当たりが軽いので大型連荘しないと中々勝てない。

投資が多い
ボーナス確率は1/90と軽く思われるが、通常時のベルが約5/6で「3枚」とリプレイと変わらず回らない。ボーナス中は押し順に正解しないと3枚になり、” 最低 -3枚とボーナスで逆に減ってしまう ”。この-3枚はボーナスを揃えるのに使う枚数。そしてARTに突入が難しくボーナスを10回など当てなければならない。” 実際は1/900と激辛 ”で、ARTに入り即ボーナスを引いた場合は獲得枚数トータル50枚程で終わる。

ニュータイプ専用機
この頃からボーナス中に2択~6択ベルを5Gで5回当てるとARTに当選する機種が増え、「NT(ニュータイプ)専用機」と呼ばれオールドタイプからは嫌われました。
  • 4号機より回らない
  • 投資は4号機並
  • ハイリスク・ノーリターン
と言われ、パチンコの「牙狼」を打った方が良いと客離れが進んでいきました。

山佐確変山佐確変
1/90なのに通常時400~500Gほどハマリ、ARTに入った瞬間一桁連すると言われ「逆確変」「山佐確変」と皮肉られました。左の画像は「2ちゃんねる パチスロ キン肉マン スレッド」に貼られた物です。ART中51Gで5回ボーナスを引いています。

流行らなくなった肉タイプ
ガンダムⅢ」は当初客付きが良かったのですが、辛すぎ直ぐに客が飛び、Sammyが発表した同スペック「あしたのジョー」は初日から空席が目立ちました。



□ 5号機→5.1号機の詳細
初期の5号機
完全確率」の台しか作れず、「純Aタイプ」と「RTタイプ」に絞られました。機械割は下は50%、上は120%以内に収めなければなりません。規約に機械割は” 全ての小役を獲得するものとする ”とあり、そこでSammyはチェリー入賞でRTがパンクするようにしました。検定ではチェリーを獲るので機械割が下がるが、実戦では「リプパン外し」と呼ばれる技術介入で、チェリーを外し機械割は公表より高くなっています。実際は140%あるのではと噂されました。

5号機
機械割の一番高くなる打ち方に変更。リプパン外しは禁止ではないが、機械割りが上限を越えてしまうので自粛。

5.1号機 不規則なリール制御可能に
これによりフリーズや変則稼働が可能になりました。フリーズはBIG+ART確定など激アツ演出に活用されるようになりました。「めぞん一刻2」は外れるフリーズでしたが、代表するフリーズや変則リールを上手く活用した機種です。

リーズ上の演出可能に
リール上に透明液晶を付けて、演出が可能になりました。これにより「北斗の拳」のような消灯演出が可能となりました。4号機と言えばリールの消灯でしたので復活は嬉しいです。これにより高確中にボーナス成立で7図柄が光ったり、Vフラッシュなどに活用されました。「緑ドン」ではリール上に花火が表示される高確演出があります。

別図柄でも揃えられるように
ボーナス図柄ごと別フラグでしたので、同一価値のボーナス絵柄同士でも揃えられずコインロスしました。ボーナス図柄の組合せが10種類近くある機種も多く予測は困難でした。確定画面まで揃える図柄が分からず長々引っ張られる事が減ります。

押し順復活
目押しが不必要な小役(ベル・リプレイ)が、どの押し順でも強制的に獲得させられたが、押し順による獲得・回避可能に。これによベルナビが復活。「北斗の拳」のような押し順ナビが可能になりました。ベルは取りこぼし可能だが、リプレイは必ず揃います。押し順でリプレイの揃う図柄が変わり、ARTのパンク役・突入役に特殊リプレイを使用する事により目押し必需で難易度の高かったARTが誰でも打てるようになりました。

Sin
ART機の特徴は「Sin」というミニボーナスを搭載しており、揃えてしまうとペナルティーがあるので外しながら打たなければなりません。ART当選後は1度Sinの外れ目を出すことが突入の条件で、「Sin天井」が存在し” 規定ゲーム数Sinが出現しなければセット数上乗せ ”となる美味しい機種が中心でした。

1G連
ボーナス終了後1ゲームでボーナスを引くとフリーズし大量上乗せという機種が流行りました。「ツインエンジェル2」「BLOOD+」が有名。

突然ARTタイプ
5号機のART機と言えばボーナス後の突入が中心でしたが、 ARTがボーナスという位置づけになり、どこからでもARTに入るチャンスが出来ました。門は狭いが一度入ったら自力で継続や上乗せできます。ボーナス非搭載の機種では純枚が多いのが特徴です。根強い人気の「忍魂」、衝撃的な1G連の「銀河英雄伝説」、1G/2.3枚と破壊力のある「バジリスク~甲賀忍法帖」などが有名。

7リプレイ
ボーナス中もしくはART中に7図柄のリプレイが揃うと、ストック or 上乗せ、または特化ゾーンに突入と特典がありますが、低確率なので見るのが難しく爆発の契機となる。

天井
5号機時代はボーナスを引くまで終わらない無限RTが定番でしたが、 初期のARTタイプでは複数セット、後期になるとフリーズと同等の恩恵を受けられる物が増えてきました。その中で1セット限定や「ゴミボーナス」が確定する渋い機種は無理に天井を狙う価値がありません。

21時以降は打てない
ARTに入れるのに時間が掛かり、入ってから本番で消化に数時間掛かることもあります。21時以降から打つと投資を回収できないためART機は打っては駄目です。サラリーマンに不向きな台で学生やお年寄り向けです。

アニオタが趣味で投資する時代
萌えスロ」や「マイスロブーム」でオタク層を取り込み、初代北斗以来の大ヒットと言われる「エウレカセブン」の登場により、アニメ版権のスロットが増え” 勝てないが人気がある ”という珍現象が起きました。
□ 4号機再現時代へ
ゲーム数解除+疑似ボーナス時代
2011年10月に発売した4号機を再現した「押忍!番長2」の登場がスロット離れを加速させる原因となった。「押忍!番長2」自体は初代を再現しており人気があったが、激辛で後を追うように「忍!!豪炎高校應援團」「戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖~」など登場するが、ゾーン以外では当たらない事が浸透し放置が目立つ。
  • ボーナスをプレミアム役とし「1/65536」や「1/8192」で搭載
  • ボーナスは疑似ボーナス(ART)
  • 疑似ボーナス(ART)をARTで繋ぎ出玉を増やす
  • ゲーム数解除でテーブル式
  • 小役解除が難しく最初のゾーンを過ぎると天井一直線
  • 天井に恩恵は無く50枚獲得して終わる
  • 通常時は回らない
  • ART突入が難しい
2011年11月には初代北斗を再現した「パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説」が登場し、これにより4号機再現台ラッシュ突入となる。懐かしさで打つ客が増え息を吹き返す。

■ AT時代へ
□ AT機の特徴
AT機とは?
4号機時代に流行ったAT機が「鉄拳デビルVer.」により復活しました。ATは「アシストタイム」の略で、通常時とボーナス時にリプレイ確率が変わらず、ベルナビだけで獲得枚数を増やします。よって通常時はコイン持ちが良いです。初期の頃にNETの「リオパラダイス」「カリビアンクイーン」がありましたが、あれは通常時のコイン持ちを良くする機能で、ボーナスではありません。
※鉄拳デビルVer. は実質AT機だがARTとして出されている
※形式上で増加する初のAT機は2006年のゴルゴ13ザプロフェッショナル


疑似ボーナス
ボーナスは一切搭載されず、7図柄の特殊リプレイから始まる「疑似ボーナス」か「AT」だけで枚数を増やす機種が中心。

ゲーム数振り分け(ゲーム数解除)
ボーナスは「ゲーム数振り分け」が主で、直当たりはまず無く高確状態の「CZ(チャンスゾーン)」に突入させ自力解除するしかありません。「ゲーム数振り分け」は 100G付近の天国を過ぎると天井まで一直線です。これは4.5号機~4.7号機で流行った方式。

自力解除
5号機での規約でボーナスは完全確率でなければなりませんが、疑似ボーナス(ART)でリプレイ確率の変動、もしくはATに突入させるだけで、4号機の自力解除を再現しました。

自力解除までの流れ
5号機初期の頃は意味合いの薄かった高確ですが、AT機はスイカや強ベルなどのレア役で高確に上げ、強チェリーなどの強いレア役でCZに当選。CZ中に複数のレア役を引きATやボーナスを引き当てます。何個も続けてレア小役を引く引きの強さが必要です。

天井の恩恵
天井が深い機種はフリーズと同等の恩恵を受ける物が多く、天井が低い機種は通常当たりと変わらず狙う価値がありません。

天井ストッパー
フリーズと同等の恩恵を受けられる機種はATの特性を生かし「天井ストッパー」が搭載されています。「マクロスフロンティア2」が有名で、” 1,000Gを越えると超高確になりボーナス確率が1/50に上昇 ”します。他には「北斗の拳 転生の章」「輪廻のラグランジェ」「リング 呪いの7日間」が有名。

差枚数機種
化物語」から始まり「主役は銭形2」で広まった差枚数管理のボーナス。AT機はリプレイが多くベルの引きが悪いと増枚せず残りゲーム数が減る一方でストレスを感じます。そこで獲得枚数が保証される「差枚数管理」は” リプレイで引き延ばしレア役を待つ ”という方式で取り損が無く絶賛されました。
しかし” 強レア役から300Gでも乗せたような派手な演出で+50枚と表示され実際は20~25G程しか上乗せされておらず ”実は損をしている事に気が付き衰退。
※初は 餓狼伝説スペシャル

輪廻転生
輪廻のラグランジェ」の「輪廻転生」は最終ゲームで今までに獲得した枚数を上乗せするという異常な物。当方は430枚が限界でしたが、ネットで投稿された画像には+8017枚とヤバイ物がありました。合計2万枚確定ですね。


第4のリール(疑似リール)
左リールが偽物で、中が左、右が中となっており、右側の小窓にある模様が右リールとなっています。これによりリプレイを中段チェリーに書き換え、左リールに中段チェリーを意図的に停止させられます。レア役高確など再現できます。「パチスロ蒼天の拳2」で広まり「輪廻のラグランジェ」は劣化版「蒼天の拳2」と呼ばれました。爽快感はあるのですが、演出が過剰で目押しが意味ないと拒絶する人も多く居ました。

本当に当たりを選択できる
パチンコやスロットにおいて、液晶上での選択は演出で既に合否決まってお入り、どれを選択しても結果は変わりません。「緑ドンVIVA!情熱南米編」には「ビリータッチランプ」が搭載されており、本当の二択でARTが獲得できるという画期的な物でした。「スロット バットマン」の「上乗セレクト」では何と10G~300Gの上乗せが隠された複数の宝箱から自分で選択できます。

お尻ペンペン
パチンコのボタン連打は演出だが、スロットでは1プッシュ事に継続と上乗せ抽選する機種もある。一般的には「魁!!男塾~天挑五輪大武會編」が有名だが、衝撃的だったのが「シンデレラブレード」の「おしりペンペン」です。バトルでヒロインに勝つとお尻を叩き1Gごと継続と上乗せ抽選がされます。エロゲーを連想させる画像が表示され必死にプッシュボタンを叩く様が恥ずかしく周囲の目が気になります。これ以降はボタン連打上乗せ系は「おしりペンペン」と呼ばれる様になりました。他には「聖闘士星矢~女神聖戦~」が有名。最低保障数や、出来高レースの機種もあり。

0G連
高純枚のART・AR機で流行ったのが0G連と呼ばれる物です。多彩なリールアクションが可能となりましたので、次プレイに移る前に何度もボーナス図柄を揃え上乗せが可能となりました。

宇宙戦艦ヤマト2 〜テレサ、愛の導き〜」の通常にカットイン(確定)。BARが揃い「ワープアタック」で20分かけ1390G乗せました。疑似遊技なのでリプレイやベルが揃うこと無く淡々とリールアクションを見せられコインは増えません。この後万枚付近で閉店となり獲りきれませんでした。閉店近くに4000G乗せた人は、1時間かかりコインが増えず店員に怒っていたとのこと。

ベルリプ・3枚ベル
高純枚のAT機に多いのが「ベルリプ」です。ベルの図柄をしたリプレイです。初出は分かりませんが、当方が初めて触れたのは「パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 」で、これ以降は当たり前のように搭載されました。「攻殻機動隊」が厄介なのは、リプレイなのに「MAXBET」を押させることです。リプレイで押す必要がある珍しい機種で疲れます。他にはリプレイと変わらない「3枚ベル」と逆に減る「1枚ベル」が流行り通常時に回らなくなりました。

理論としては左第一押しのベルの確立を低くし、中・右が第一のベル率を上げ、左から押さないとペナルティーがある。変則押しをすれば10~15枚獲れる。これで通常時回らないようにし機械割を下げています。意図的に中押しで遊び2千円で500G回した強者も居ました。次に座る人は500Gペナルティーがあるので大変です。

□ 氷河期時代
吸い込みが4号機以上
押忍!番長2」から始まった「ゲーム数解除+疑似ボーナス」。自力解除が難しくゾーンを過ぎると天井一直線。天井を付いても50枚程の「ゴミボーナス」だけで終了。

疑似ボーナスだけで勝つのは不可能で、ラッシュに当選しなければならない。ラッシュまでの壁が厚く、何度も疑似ボーナスを引きやっと突入しても50~30Gでは何も出来ず走り抜けます。この少ないゲーム数で、まずはボーナスを引き、ボーナス後の高確で激レア役を引き大量上乗せ、その後にボーナスと上乗せを何度も引き天国ループに持って行きます。

AT機時代へ移行しリプレイ確率が高く通常時回るのが利点でしたが、リプレイ率を下げベル率を限界まで上げた「1G/+2.8~3.0枚」の大爆発機の登場により通常時が激辛になりました。

以下はネットで見かけたの皮肉です

  • ハイリスクノーリターン
  • 大事故を3回起こさなければ勝てない
  • 吸い込みは4号機以上、払い戻しは50枚
  • ジャグラーが爆発機
5.1号機のAT機で「ジャグラー」のBIGの枚数を出すのは事故です。何回も天井を付いてやっと出せる枚数です。

一撃2万枚が達成可能なのは5.1号機だけ
悪いことばかりではありません。5.1号機のART・AT機は一撃があり、比較的万枚は達成しやすいです。当方も10回前後あります。5,000枚なら高頻度で達成できます。4号機はギャンブル性が高く5号機が生まれましたが、4.5~4.7号機は1回通常に戻り天国ループさせる機種が多く、一撃2万枚が可能なのは5.1号機だけと皮肉な物です。 最高は3万枚との事。

Sammyの会長が業界に3千枚規制を呼びかけたのですが、全く浸透せず規制の動きが出始めました。
パチスロ新規制2012年4月1日より押し順ART禁止か?

最後の爆発機まどマギ
AT全盛期の中登場した「魔法少女まどか☆マギカ」。当時は人気の無いART機でオタク向けの「萌えスロ」と思われたが、「甘い」「設定1でも出る」と導入当初から好評。爆発力とゲーム性の高さから大ヒットし増台され別パネルも発売。中古市場も高値でファンも手が出ませんでした。この機種が5.1号機最後の爆発機となります。ART機ですが、AT機並みの爆発力がありARTにも当選しやすく夢のある台でした。